インテリアコーディネーター試験【覚えておきたい製図記号】

1次試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク

材料表示記号

化粧材割栗(わりぐり)は過去に何度か出題されています。過去問で出題されたものは覚えておきましょう。

上の図は木造建築物の基礎の部分です。

基礎の工事をするためには、まず根切り(土を掘る)をします。根切りした底の部分に、割栗石や砂などを敷いて、地盤を固めます。割栗石は岩を砕いて作られるので尖った形状をしていて、サイズは15cm前後です。割栗石のすき間に砂を入れて、その上に5cm程度のコンクリート(捨てコンクリート)を流して、平にします。

平らにしたところに墨出し(基準線を書きだす)作業をし、墨に従って、基礎の型枠を製作します。型枠ができたら、骨組みになる鉄筋基礎と土台を緊結するためのアンカーボルトを配置します。そして、コンクリートを打設します。床下の換気のため、基礎の一部に「床下換気口」を設けるか「ねこ土台」と呼ばれる基礎パッキンを敷きます。

割栗石の説明のために、基礎の部分の工事方法について説明しましたが、詳しい方法まで覚える必要はないと思います。ただ、基礎と土台をつなぐために、アンカーボルトが埋め込まれていることは覚えておいてください。

地盤と割栗の記号が覚えられない方への覚え方です。

構造材は土台・柱・梁(はり)、桁(けた)などの軸組部の主要部材です。

化粧材は、鴨居や敷居など、目に見える部分の部材です。

整備図の表示記号

3路スイッチは、3本の線が配線されていて、2カ所で照明器具のオン・オフができます。

しかくしか
しかくしか

3路スイッチ、蛍光灯、量水器など、過去に出題されたよ。

過去に出題されたものを中心に覚えるようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1次試験 インテリアコーディネーター
スポンサーリンク
しかくしか
タイトルとURLをコピーしました